キマる?効果は?H4CBDの特徴や危険性をわかりやすく解説

「H4CBDってどんなカンナビノイド?」「H4CBDでキマる?」

ストーナーはもちろん、CBDショップや業者の間でも話題になっているカンナビノイドH4CBD。効果や体感が気になっている方も多いのではないでしょうか。

本記事では話題のカンナビノイド、H4CBDの特徴や効果、危険性について解説します。CBDとの違いや体感、おすすめのH4CBDリキッドもまとめていますので、きっと役立つはずです。

H4CBDが気になっていた方は、ぜひ本記事を役立ててくださいね。

あわせて読みたい
PHCはキマる?違法?話題のカンナビノイド『PHC』の効果や特徴を解説 SNSを中心に「新たなカンナビノイド」として話題を呼んでいる『PHC』 気になっているものの、PHCはまだ研究段階の成分のため情報が少なく、気になっている方は多いと思...
Contents

H4CBDとは?特徴を解説

CBDやTHC等のカンナビノイドと比較すると、まだまだ知名度の低いH4CBD。一体どのような特徴があり、どうやって生成されるのでしょうか?

まずはH4CBDの特徴や成り立ちを見ていきましょう。

H4CBDはCBDを水素化した合成カンナビノイド

H4CBD(Hydrogenated CBD)は、CBD(カンナビジオール)を水素化して生成される合成カンナビノイドです。1940年に大麻研究チームの”Toddグループ”によって発見されました。

H4CBDの生成工程は植物油をマーガリンにする工程と似ていますが、発見されて間もない頃は金属合金でCBDを触媒して生成されていました。

当時H4CBDは研究目的以外で利用されることはありませんでしたが、近年カンナビノイドがヘルスケアで注目を集めてから、現在では様々なウェルネス商品に利用されています。

あわせて読みたい
【価格例あり】CBD仕入れ先一覧|カンナビノイド輸入代理店・原料販売店まとめ 「CBDビジネスを始めたい!」「オイルやリキッドを自作してみたい!」 そんな時にCBD原料を仕入れる必要がありますが、一体どこから仕入れられるのかわからず困っている...

H4CBDとCBDの違い

H4CBDは、脳内のCB1受容体に対する結合親和性が”CBDの100倍”を示したことで注目を集めています。そのためCBDでは得られない精神作用が、H4CBDにはわずかに得られるとされているのです。

また、H4CBDとCBDの違いは効果だけでなく、様々な点に見られます。

H4CBD CBD
色味 黄みが強い茶色 赤みの強い茶色
粘度 水飴のように高粘度 とろっした粘度
キック感 非常にむせやすい むせやすい

キマる?H4CBDの効果・体感

やはりストーナーにとって一番気になるのが、H4CBDの効果・体感ですよね。一般的にH4CBDを摂取することで以下の効果を得られると言われています。

あわせて読みたい
DGNとは?効果やメリット・おすすめリキッド&ハーブもご紹介 「DGNとはどういう意味?」「新しいカンナビノイド?」 カンナビノイド界隈でしばしば目にする”DGN”という表記。一体どのような意味やメリットがあるのかわからず、気に...
H4CBDの代表的な効果
  • ストレス軽減、リラックス効果
  • 鎮痛効果
  • 鎮静効果
  • 抗炎症作用
  • 睡眠導入作用
  • 微弱な精神作用

キマらないが強力なリラックス効果を持つ

H4CBDの効果の大きな特徴として、強いリラックス効果と高揚感をもたらす点が挙げられるでしょう。CBD由来の合成カンナビノイドでありながら、レクリエーション要素も期待できるのが特徴です。

ただし、THCHやHHCHといった強力な精神作用を持つカンナビノイドと比較すると、H4CBDの精神作用はまだ優しいものです。そのため、H4CBDだけを接種して「キマる」「ブリブリになる」といったサイコアクティブな体感は期待できません。

また、H4CBDはCBDより100倍強力というわけではなく、あくまでCB1受容体に対する結合親和性が100倍ですので、一概に100倍強力とは言えないでしょう。

抗炎症作用や入眠効果も期待できる

H4CBDはリラックス効果だけでなく、CBGのような抗炎症効果、さらにはCBNよりも強力な入眠効果も期待できると言われています。

2006年に実施されたマウスを被験体に行われた動物実験では、U87細胞へH4CBDを投与したところ、約48時間後に腫瘍が減少したことが報告されています。

H4CBDは合法?危険?

H4CBDは合法的に所持・使用できる

2024年6月時点でH4CBDは規制されておらず、合法的に所持・使用することができます。

CBD由来の合成カンナビノイドのため日本国内でも規制のリスクが低く、CBDが合法な諸外国へも輸出できるという点から、多くの事業者から注目が集まっています。

H4CBDの危険性・副作用について

現時点ではH4CBDの危険性や副作用についての研究が十分に進んでおらず、重大な副作用は確認されていません。

一般的には中毒性がないと言われていますが、体質や摂取量によっては目の乾燥や口の乾きなどの副作用が出る場合があります。そのため、H4CBDは過剰摂取に気をつけて、様子を見ながら少しずつ摂取するようにしましょう。

H4CBDの口コミ・評判

実際にH4CBDを使用したユーザーの口コミ・レビューをSNS上で調査しました。

使いにくいが体感は強い

接種後すぐにリラックスできる

カンナビノイドに包まれるような独特の体感

むせながら吸っても効かない

おすすめのH4CBD含有リキッド

original CRD

画像引用元

価格 2,500円(税込)
内容量 1ml(約200吸引可能)
香り 大麻草系フレーバー
原材料 CBDブロードスペクトラム
H4CBDディスティレート
CBNアイソレート
CBGアイソレート
CBTディスティレート
ライブレジンテルペン
配合 -CRD 65%
-H4CBD 25%
-テルペン 10%
規格 510規格対応

『original CRD』は、H4CBDにDGN系のカンナビノイドを配合したCRDリキッドです。

安い料金設定でありながらH4CBDを高濃度配合していて、リラックスしたい時や寝付きが悪い時など幅広いシーンでの活躍が期待できます。ライブレジンテルペンの豊かな麻の香りと共に楽しめ、日常使いに最適な逸品です。

【凄麻】HHCH50%×H4CBD 究極アントラージュリキッド

【凄麻】滾る!!漲る!! HHCH50%×H4CBD 究極アントラージュリキッド 1ml

画像引用元

価格 10,000円(税込)
内容量 1ml(約200吸引可能)
香り ジェラート風味フレーバー
原材料 HHCHディスティレート
H4CBDディスティレート
CRD
CBGアイソレート
ライブレジンテルペン
配合 -HHCH 50%
-H4CBD 20%
-CBG 10%
-CRD 10%
-テルペン 10%
規格 510規格対応

『【凄麻】HHCH50%×H4CBD 究極アントラージュリキッド』は、H4CBDとHHCHを組み合わせたサイコアクティブ系のカンナビノイドリキッドです。

精神作用を持つHHCHにH4CBDとCBGを掛け合わせて、強力なヘッド・ボディハイをもたらし、いわゆるブリブリな状態へと導いてくれます。そのボディハイから、性交渉の際にも強力な体感が期待できます。

【CLASSIC】CRD liquid

画像引用元

価格 3,000円(税込)
内容量 1ml(約200吸引可能)
香り 大麻草系フレーバー
原材料 CBDブロードスペクトラム
H4CBDディスティレート
CBNアイソレート
CBGアイソレート
CBTディスティレート
CBCディスティレート
ライブレジンテルペン
配合 -CRD 90%
-テルペン 10%
規格 510規格対応

『【CLASSIC】CRD liquid』は、H4CBDをはじめとした6種のウェルネス系カンナビノイドを配合したリキッドです。

数多のカンナビノイドとライブレジンテルペンによるアントラージュ効果(相乗効果)で、初心者〜玄人まで幅広いユーザーが満足できるように作られています。チルしたい気分の時はもちろん、不眠症や偏頭痛のケアにもおすすめです。

話題のカンナビノイドH4CBDのまとめ

本記事では話題のカンナビノイド、H4CBDの特徴や効果についてまとめました。

H4CBDは強力なリラックス作用や鎮静作用を持ち、微弱な精神作用も期待できる合成カンナビノイドです。一部のストーナーからは「キック感が強くてむせやすい」という声も上がっていますが、その分強力な体感を得られると評判です。

現時点では日本国内で合法的にH4CBDを所持・使用することができますので、気になっていた方はこの機会に試してみてはいかがでしょうか?

Please Share !!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者

2019年〜CBD系のカンナビノイド製品制作を開始。オレゴン州で製品の販売や原材料の輸入・輸出事業を経て、カンナビノイド業界に携わる企業の経営サポート・コンサルティングに携わる。