【2024/6/11〜違法】HHCPO等15種類のカンナビノイド、指定薬物の規制対象入り

2024年5月1日、厚生労働省はHHCPOを含む計15種類のカンナビノイドを新たに指定薬物に加え、規制する省令を公布しました。

この省令は数日間の猶予期間が設けられ、翌年2024年5月11日以降は医療等の用途以外の目的での製造、輸入、販売、所持、使用等は違法となります。また、政府は今回規制対象となる成分の輸入も厳正に対策する方針です。

あわせて読みたい
【2024/6最新】一目でわかる!違法・合法なカンナビノイド一覧まとめ 「このカンナビノイドって違法?」「もう規制されたんだっけ?」 近年、薬物乱用防止のため違法薬物の取り締まりがより一層強化されてきました。指定薬物部会が緊急開催...
Contents

2024年5月11日〜15種類のカンナビノイドが違法に

2024年5月11日以降、以下15種類のカンナビノイドが新たに指定薬物として規制対象となります。

  1. HHCPO
  2. HHCVO
  3. HHCBO
  4. HHCHO
  5. HHCJDO
  6. Δ8 THCVO
  7. Δ8 THCBO
  8. Δ8 THCHO
  9. Δ8 THCPO
  10. Δ8 THCJDO
  11. Δ9 THCVO
  12. Δ9 THCBO
  13. Δ9 THCHO
  14. Δ9 THCPO
  15. Δ9 THCJDO

2023年に健康被害が相次いだ「大麻グミ」問題以降、精神活性作用を持つカンナビノイドの規制が強化されています。さらに、2024年6月から施行される大麻使用罪に向けて、合成カンナビノイドは今後さらに厳正に取り締まられる可能性が高いでしょう。

厚生労働省:報道発表資料

違法なカンナビノイド製品を使用・所持するとどんな罰則がある?

2024年5月11日以降にHHCPO・HHCVO・HHCBO・HHCHO・HHCJDO・Δ8 THCVO・Δ8 THCBO・Δ8 THCHO・Δ8 THCPO・Δ8 THCJDO・Δ9 THCVO・Δ9 THCBO・Δ9 THCHO・Δ9 THCPO・Δ9 THCJDOを使用等した場合、3年以下の懲役や300万円以下の罰金などが科されることとなります。

厚生労働大臣は、中枢神経系への作用を有する蓋然性が高く、人の身体に使用された場合に保健衛生上の危害が発生するおそれのある物を「指定薬物」として指定する(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第2条第15項)。指定薬物は、製造、輸入、販売、所持、使用等が禁止されている(罰則:3年以下の懲役または300万円以下の罰金。業としての場合は5年以下の懲役または500万円以下の罰金)。

引用元

もしもまだ規制対象のカンナビノイドを含むリキッドやオイル等が自宅にある、在庫を持っている場合は速やかに処分するようにしましょう。

規制発表時の人々の反応

違法成分含有製品は破棄しておこう

今回新たに規制が発表されたのは以下のカンナビノイドです。

規制対象のカンナビノイド
  1. HHCPO
  2. HHCVO
  3. HHCBO
  4. HHCHO
  5. HHCJDO
  6. Δ8 THCVO
  7. Δ8 THCBO
  8. Δ8 THCHO
  9. Δ8 THCPO
  10. Δ8 THCJDO
  11. Δ9 THCVO
  12. Δ9 THCBO
  13. Δ9 THCHO
  14. Δ9 THCPO
  15. Δ9 THCJDO

中には強力な精神活性作用を持つことから、以前から規制間近と噂されていたものもありました。精神活性作用を持つ”サイコアクティブ系カンナビノイド”は今後さらに厳しく取り締まられる可能性が高いでしょう。

規制対象のカンナビノイドを含む製品は、使用はもちろん所持市ているだけでも罰則の対象となります。もしお手元に規制対象のカンナビノイドを含むリキッドやオイル、ハーブ、ジョイントなどの製品がある場合は、速やかに処分するようにしましょう。

Please Share !!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者

2019年〜CBD系のカンナビノイド製品制作を開始。オレゴン州で製品の販売や原材料の輸入・輸出事業を経て、カンナビノイド業界に携わる企業の経営サポート・コンサルティングに携わる。