【レビューあり】CBPとは?話題のカンナビノイドの効果・違法性を解説

「CBPってどんなカンナビノイド?」「どんな効果があるの?」

近年、カンナビノイド界隈で注目を集めている新成分CBP。SNSでは様々な憶測が飛び交い、いまだにCBPがどのような特徴や効果を持つのかわからず、気になっている方もきっと多いはず。

今回は話題のカンナビノイド、CBPの特徴や効果についてわかりやすく解説します。法的立ち位置(合法・違法)や体感、実際にCBPを摂取したユーザーのレビューや口コミも掲載していますので、ぜひ参考にしてください。

CBPの理解を深めて、安全なカンナビノイドライフを送りましょう。

あわせて読みたい
【2024/6最新】おすすめCBPリキッド6選!高濃度で人気のランキング CBPはナチュラルなレクリエーション効果が話題のカンナビノイド。一度試してみたいと思うものの、安心してCBPリキッドを購入できるショップが見つからずにお困りの方も...
Contents

CBPとは?話題のカンナビノイドの正体

まずはCBPとは一体どのようなカンナビノイドなのか、その正体に迫っていきましょう。

CBPは自然界に存在しない合成カンナビノイド

CBPは自然界に存在せず、化学合成で生成された合成カンナビノイドの一つです。正式名称はCannabiphorol(カンナビフォロール)で、タイのカンナビノイド製品製造企業「Pacific Cannovation Group (PACCAN)」が製造したと言われています。

2023年頃から日本国内でも流通しはじめましたが、CBPの構造は企業秘密のため非公開とされています。しかし、COA(成分分析表)は公開されており、Δ9-THC等の国内で規制されているカンナビノイドは含まれていないようです。

製造元によると、臨床試験は既に開始されているようですが、まだ充分な研究は進んでいません。今後、研究が進んでいく中で様々な活躍が期待されているカンナビノイドです。

CBPの形状はディスティレート状

現在、市場に流通しているCBPは薄い琥珀色のディスティレート状(液体)です。HHCH等と比較すると柔らかいテクスチャで、流動性が高いのが特徴的です。

CBPは微弱な精神活性作用を持つ

CBPは、微弱な精神活性作用を持つことが報告されています。摂取量によっては気分が高揚して”ハイ”に近い状態になったり、”ブリブリ”になるといったような陶酔状態に陥る可能性もあるでしょう。

これまで日本で流行していた、HHCHやTHCHといったサイコアクティブ系カンナビノイドと比較すると微弱なようですが、使用方法や摂取量には充分に注意する必要があります。

CBPは現時点で違法ではなく合法

2024年6月時点で、CBPは日本国内で合法的に所持・使用することができます。国内のディスペンサリーやCBDショップで取り扱っているショップも複数確認されています。

ただし、前述の通りCBPは精神活性作用を持つカンナビノイドのため、今後規制がかかって違法となる場合もあるでしょう。また、諸外国ではCBPが規制されている可能性もありますので、CBPを購入する際は最新情報をしっかりチェックしておくことが大切です。

あわせて読みたい
【2024/6最新】一目でわかる!違法・合法なカンナビノイド一覧まとめ 「このカンナビノイドって違法?」「もう規制されたんだっけ?」 近年、薬物乱用防止のため違法薬物の取り締まりがより一層強化されてきました。指定薬物部会が緊急開催...

製造元が発表するCBPの効果

CBPの製造元、PACCANが公表するCBPの効果は以下の通りです。

CBPの効果一覧
  • 睡眠導入効果
  • ストレス、不安軽減効果
  • 鎮痛効果
  • 食欲増進効果

不眠症や疼痛、食欲不振などの改善のほか、リラックス効果もあるとされていて、幅広いシチュエーションでの活躍が期待されます。

CBPは危険?副作用がある?

前述の通り、CBPは臨床試験が始まったばかりの段階のため、明確な危険性や副作用は確認されていません。そのため、CBPを摂取する際は各販売元が提示する用法・容量を正しく守ることが大切です。

また、CBPに限らずカンナビノイドを過剰に摂取してしまうと、次のような副作用が現れると言われています。

  • 吐き気、嘔吐
  • 頭痛
  • 倦怠感、無気力
  • 目の乾き

もしもCBPを摂取して体調に異変を感じた時は、すみやかに使用を中断して医療機関へ相談するようにしましょう。

CBPの体感の特徴は?

市場に流通しているCBP製品を使用すると、一体どのような体感を得られるのでしょうか?

電子タバコ(Vape)リキッドやワックス、ジョイントなど、既に多くのCBP製品が流通しています。それらを実際に使用したユーザーからは、以下のような体感があったと報告されています。

体感の強さはTHCの2/3程度

CBPの体感の強さは、THCの2/3程度と言われています。HHCHやTHCHといった強力なカンナビノイドと比較すると弱いものの、規制されていない成分の中では強力な部類です。

CBP単体では強い効果を得るのが難しいため、リキッド等の製品ではその他のカンナビノイドをかけ合わせ、相乗効果を発揮する”アントラージュ効果”を狙ったものが多くなっています。

あわせて読みたい
アントラージュ効果とは?CBDの恩恵を最大化する現象の意味・メリットを解説 CBDオイルやリキッドを選ぶ際に「アントラージュ効果」という言葉を目にするシーンは多いと思います。しかし、耳慣れない言葉で意味やどのようなメリットをもたらすのか...

CBPはHHCと体感が似ている

CBPのエフェクトの現れ方は、HHCと似ていると言われています。HHCのように摂取後数分足らずで効果が現れはじめ、ゆっくりとピークへ到達し、スムーズに体から抜けていくのがCBPの特徴です。

効果が欲しい時に気軽に使用できて、翌日にも残りにくい使い勝手の良さもCBPが注目を集めている理由の一つです。

キック感は優しい

CBPを電子タバコやボング等で吸引する際のキック感(喉への刺激)は、比較的優しいと言われています。深く吸引しても喉が痛くなりにくく、むせやすい方でも扱いやすいと評判です。

CBPを摂取したユーザーのレビュー・口コミ

実際にCBPを摂取したユーザーのレビュー・体験談を、X(旧Twitter)上で調査しました。

CBP単体でも充分に効果を感じられる

体内に残りにくく、体感も強い

THCOに似たテクスチャで即効性があった

CBNを強力にした感じに近い

THCPOをナチュラルにした感じに近い

音楽の聴こえ方が良くなった

話題のカンナビノイドCBPまとめ

本記事では話題のカンナビノイド、CBPについてわかりやすく解説しました。

CBPはタイの企業が製造した合成カンナビノイドで、リラックス効果・食欲増進効果・睡眠導入効果・鎮痛効果が期待できるとされています。まだ臨床試験がはじまったばかりのため、危険性や副作用は報告されていないため、摂取量には充分に注意する必要があります。

実際にCBPを使用したユーザーの感想・レビューも掲載しましたので、CBPが気になっていた方はぜひ本記事を役立ててください。

Please Share !!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者

2019年〜CBD系のカンナビノイド製品制作を開始。オレゴン州で製品の販売や原材料の輸入・輸出事業を経て、カンナビノイド業界に携わる企業の経営サポート・コンサルティングに携わる。