キマる?効果は?CBG(カンナビゲロール)の特徴や違法性を徹底解説

大麻

「CBGってどんなカンナビノイド?」「CBGでキマる?」「CBDと何が違うの?」
ウェルネス分野でCBDが話題になっている一方、CBGは日本国内での知名度が低く、詳しく知らない方も多いと思います。

本記事では、CBGの特徴についてまとめました。CBGの効果や違法性、持続時間、口コミでの評判のほか、CBDやCBNとの違いについても解説していますので、ぜひ参考にしてください。

CBGの理解を深めて、より良いカンナビノイドライフを送りましょう。

あわせて読みたい
【2023/5最新】おすすめCBGリキッドランキングBEST 7!高濃度でも安い 「高濃度のCBGリキッドを吸ってみたい!」「安くて人気のCBGリキッドはどれ?」 シャキッとした体感で集中力UPやリラックス効果が得られると評判のCBGリキッド。気にな...
あわせて読みたい
CBN(カンナビノール)とは?効果や違法性、CBDとの違いについても解説 不眠の改善効果などで注目が集まっているカンナビノイド『CBN』 気になっているものの、CBNがどのような成分でどのような効果を持つのか、詳しくわからない方も多いでし...
Contents

CBG(カンナビゲロール)とは?特徴を解説

CBG(カンナビゲロール)は、大麻植物から抽出されるカンナビノイドの一種です。

大麻の花弁からわずかしか抽出できず、成熟していくにつれてCBDやTHCに変化していくため、成熟した大麻植物にはほとんどCBGは残りません。その希少性の高さから、CBGはレアカンナビノイドの一つとして数えられます。

また、CBDやTHCの前駆物質であることから、CBGは業界内では「すべてのカンナビノイドの母」と呼ばれます。

CBGは違法ではなく合法

2024年6月時点でCBGは日本国内で違法ではありません。リキッドやハーブ、オイルなどのCBG製品も合法的に所持・使用することができます。

ただし、諸外国ではCBGを指定薬物として嗜好目的での使用は違法としているところもありますので、海外で使用する際は注意しましょう。

キマる?CBGの効果

CBGはCBDと似た構成を持つことから、リラックスや集中力UP、睡眠補助など一般的なCBDと同様の効果を持ちます。しかし、特筆すべき点としてCBGは以下の効果も期待することができるのです。

CBGの代表的な5つの効果
  1. 抗炎症効果
  2. 鎮痛効果
  3. 抗うつ・抗不安効果
  4. 抗菌効果
  5. 神経保護効果

特に身体面へ影響を及ぼす抗炎症効果・抗菌効果については、肌荒れやニキビの治療。鎮痛効果としては関節痛や過敏性大腸炎などの治療にも有用性があるとされています。

また、精神面への効果として不安障害や鬱病の治療にも有効であるとされ、医療分野でもCBGは大きな注目を集めています。

CBGはキマる?ハイになる?

CBGは大麻から抽出されたカンナビノイドであるため、キマる・ハイになるといったトリップ状態に陥るイメージを持つかたもいらっしゃると思います。

しかし、CBGにはTHCやHHCHのような陶酔効果はなく、摂取したからといってキマったりハイになることはありません。

CBGの効果の持続時間

CBGの効果の持続時間は、摂取方法や個人の体質、摂取量などによって異なりますが、一般的には摂取後約4〜6時間程度継続すると言われています。ただし、これは目安であり個人差がありますので注意しましょう。

また、CBGの摂取方法によっても異なるため、オイルやリキッド、エディブルなどの形態によっても感じ方や持続時間が変わる可能性があります。摂取する際には、製品の指示に従い、自身の体験をもとに適切な摂取量やタイミングを見つけることが重要です。

CBGの副作用

CBG自体に中毒性はありませんが、いくつかの副作用が出る可能性もあります。副作用は体質やCBGの摂取量によって出る可能性がありますので、接種する際は注意しましょう。

CBGとCBD・CBNの違いについて

temp_indica

CBGは、CBGA(カンナビゲロール酸)が酸化されることで生成されます。その化学構造は、CBDやCBNと類似していますが、微妙な違いが生じることで異なる特性や効果を持つと考えられています。

CBGはCBDと比べると、まだまだ国内ではマイナーなカンナビノイドです。また、同様にCBNもあまり国内での知名度が高くなく、効果や特徴について混同されることが多くなっています。

CBGとCBD・CBNの代表的な違いを見ていきましょう。

CBGと他のカンナビノイドの違い早見表

CBG CBD CBN
希少性
中毒性
リラックス効果
鎮痛作用
鎮静作用
抗炎症効果
抗菌効果
抗うつ・抗不安効果

CBGの口コミ・評判

実際にCBGを使用したユーザーの口コミ・レビューをSNS上で調査しました。

CBGで肌の調子が良くなった

朝にCBGを摂取すると調子が良い

CBGで禁煙に成功

CBDで思考がクリアになる

CBGの摂取方法

現在、CBGは好みに合わせて様々なスタイルで摂取することができます。カンナビノイドショップやCBD専門店、ドン・キホーテなどで販売されている、CBG製品の例と特徴を見ていきましょう。

CBGリキッド

CBGの効果を早く体感したい方には、電子タバコで吸引できるCBGリキッドがおすすめです。Vapeなどのヴェポライザーで、CBGの成分が入った蒸気を肺に入れることで、毛細血管から直接取り入れることができます。

柑橘系や全草系(大麻風味)などフレーバーも多彩にあり、CBGが初めての方でも取り入れやすくなっています。

CBGオイル

CBGの効果を長く感じたい方には、CBGオイルがおすすめです。舌下にCBGオイルを垂らすことで、ゆったりと全身に行き渡っていきます。

食事やコーヒーなどに混ぜて摂取でき、気軽にライフスタイルへ取り込めるのも嬉しいポイントです。ただし、麻の香りが苦手な方には抵抗感があるかもしれません。

CBGエディブル

エディブルとは、グミやクッキーといったお菓子にカンナビノイドを配合したものです。おやつ感覚で気軽にCBGを摂取することができ、値段もリーズナブルなものが多くなっています。

CBGシーシャ

CBGシーシャは、チルな雰囲気込みでCBGを摂取したい方におすすめです。シーシャバーのほか、使い捨てCBGシーシャなどもありますのでチェックしてみましょう。

CBG化粧品

特に美肌効果を求める方にはCBG化粧品がおすすめです。基礎化粧品などのほか、さまざまなCBGコスメが販売されています。

CBG(カンナビゲロール)まとめ

今回はCBG(カンナビゲロール)の特徴についてご紹介しました。

CBGは抗炎症効果、鎮痛効果、抗うつ・抗不安効果、抗菌効果、神経保護効果が期待され、ウェルネスや医療分野でも注目が集まっているカンナビノイドです。接種してもキマる・ハイになることはなく、日本国内で合法的に使用・所持することができます。

CBGの摂取方法やSNS上での口コミ・評判もまとめていますので、CBGが気になっていた方はぜひ本記事を参考にしてくださいね。

Please Share !!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者

2019年〜CBD系のカンナビノイド製品制作を開始。オレゴン州で製品の販売や原材料の輸入・輸出事業を経て、カンナビノイド業界に携わる企業の経営サポート・コンサルティングに携わる。