テキサス州議会、Δ-8及びΔ-9THCの規制に関する公聴会を開催予定

2024年5月29日、テキサス州議会はΔ-8およびΔ-9 THC製品に関する公聴会を開催する予定です。この公聴会の目的は、2019年以降テキサス州で急成長を遂げているこれらの製品に対する禁止措置を議論することです。

Contents

現地のヘンプビジネスへの影響

多くのテキサス州の合法的なヘンプショップオーナーは、ビジネス運営に大きな変化が生じる可能性に直面しています。テキサス州副知事のダン・パトリック氏は、Δ-8およびΔ-9ヘンプ製品の禁止を検討するよう議会に要請しています。

2019年の決定の再検討

パトリック氏は、2019年にΔ-8およびΔ-9 THCを含むヘンプ製品の合法化を認めた決定を再検討するようテキサス州議会に通知しました。5月29日に予定されているテキサス州議会州務委員会の公聴会では、これらの製品の販売禁止について一般市民の意見を聞くことができます。この公聴会の目的は、「テキサス州における陶酔性ヘンプ製品の販売を調査し、これらの製品の販売をさらに規制するための勧告を行い、子供たちにこれらの製品を販売する小売業者を取り締まるための立法措置を提案すること」です。

テキサス州におけるヘンプと医療用大麻の現状

テキサス州では、特定の病状を持つ患者に対して医療用大麻が合法化されていますが、成人による大麻の使用は認められていません。2018年のファームビルが成立した際、全国的に消費可能なヘンプが合法化されました。そしてテキサス州議会も2019年6月にHouse Bill 1325を可決し、消費可能なヘンプ製品の販売を合法化しました。

登録店舗の増加と規制の現状

2020年までにテキサス州保健サービス部門は約1,948店のヘンプ製品販売店を登録していました。この数は2023年には8,343店に増加し、2024年6月時点では7,700店を超える登録店舗があります。現在、州内で営業できるヘンプ販売店の数には制限がありません。2023年4月、House Bill 1805が下院で可決され、これらの店舗数を制限することが提案されましたが、上院での投票は行われませんでした。

公聴会に対する期待と懸念

下院ではΔ-8およびΔ-9ヘンプ製品の禁止に関する公聴会や議論はまだ求められていませんが、2025年1月の立法会議が始まるとこの問題がエスカレートする可能性があります。

ビジネスオーナーの声

ダン・パトリック氏がTHCを含むヘンプ製品に注目している一方で、一部のヘンプビジネスオーナーはこの動きに懸念を抱いています。オースティンで姉妹と共にRestartというヘンプ販売店を経営するシェイダ・トラビ氏は、「テキサスだけでなく全国的にヘンプに関する議論が広がり、この植物にアクセスできる道が示され、最終的にはカンナビス製品を求める消費者に役立つ」と述べています。トラビ氏の店舗では、CBDや低THC化合物(THCAなど)から作られた製品を取り扱っており、Δ-8およびΔ-9製品も多様な形態(グミ、エディブル、オイル、フラワー)で提供しています。

トラビ氏は、新たな規制がビジネスの正当性を高めることを歓迎していますが、一方で違法製品の存在が自らのビジネスに悪影響を及ぼすと考えています。「市場からこれらの製品を排除するのではなく、私たちのような先進的な事業者や団体に依存し、教育を深めるようダン・パトリックに求めています」とコメントしています。

その他のビジネスオーナーの意見

また、テキサスオリジナルのCEOであるニコ・リチャードソン氏も、医療用大麻提供者として厳しい規制に従う必要があることを指摘しています。リチャードソン氏の事業の在庫は1か所にしか保管できず、患者が店舗で薬を受け取らなかった場合は、ドライバーを雇ってその製品を保管場所に戻さなければなりません。「私のドライバーが道中で約1,500のΔ-8およびΔ-9を扱うヘンプ販売店を通過するが、これらの店舗には何の制限もないのです。これには非常に憤りを感じています」と述べています。

リチャードソン氏は、ヘンプ産業の規制強化が急務であると考えています。「テキサス州ではもちろん、2018年の連邦ファームビルの目的でもない、陶酔性ヘンプ誘導体の巨大産業が生まれるとは思ってもみなかった。これは名前を変えたマリファナに過ぎない」と述べています。

結論

テキサス州のヘンプ製品に関する規制強化の動きは、多くのビジネスオーナーにとって大きな関心事です。5月29日の公聴会では、市民の声を聞きながら、今後の規制方針が決まるでしょう。ヘンプ製品の合法性と規制のバランスを保つことが、消費者とビジネスの双方にとって重要です。

Please Share !!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

著者

2019年〜CBD系のカンナビノイド製品制作を開始。オレゴン州で製品の販売や原材料の輸入・輸出事業を経て、カンナビノイド業界に携わる企業の経営サポート・コンサルティングに携わる。